ソムリエ

ワインの飲み頃とは

飲み頃の判断 【ワインの飲み頃とは】 Chateau Haut-Bailly 1994 「まだ若い印象のワイン」 「飲み頃を迎えたワイン」 「頂を越えたワイン」 ワインとじっくりと向き合うとき、 彼(彼女)が今どのような状態にあるのかを識るために、色調や粘性、酸、タンニン、果実味の角の立ち方などからどんなキャラクターなのか紐解いていくわけですが、ワインショップの店頭ポップやネット販売時にも書かれて […]

【白ブドウ品種リースリングを識る】春にはリースリングが美味しいと思う。

「リースリング」と聞いて、 ミネラル、ペトロール、ドイツ、甘口、細長いボトル、貴腐ワイン、アルザス、酸…あなたはどんな言葉が思い浮かびましたか? ドイツ原産と言われる白ブドウ品所。甘口にも辛口にもなれる万能なブドウです。 まだ少し寒い日が続いていますが、春はもうすぐソコ。 「春にはリースリングが美味しい」と断言する筆者の目線から、 今回はリースリング品種の特徴や味わいから始まり、奥深い魅力に迫って […]

Bulls -発泡ワインの世界-

「スパークリングワイン」ってなぁに?「ワイン」と何が違うの? そんな疑問が、この記事を読み終えるまでにはぐるっと解決!(のはず!)最後に、明日誰かに喋りたくなるようなちょっとした雑学もついてます。on y va! そもそもスパークリングワインとは? How to make? どうやって造るの? スパークリングワインの種類は大きく分けて2つ、 瓶内(もしくは密閉したタンク内)で、ワインから自然発生し […]

Climatとlieux-ditsとCru とは

「Climat(クリマ)」「lieux-dits(リューディー)」「Cru(クリュ)」 ブルゴーニュのワインの知識が深まってきた時などに多く疑問に思う3つの違いやそれぞれの概念(意味)などについて解説します。 複雑なブルゴーニュの畑を紐解く鍵 フランスのワイン銘醸地であるブルゴーニュは、歴史的な背景から畑が細かく細分化され、所有者が分かれています。 その対照的な存在、単独所有者畑は「Monopol […]

ボトル容量による名称まとめ

ソムリエの試験勉強の時には「試験のため、試験のため…」と黙々と暗記したボトル名称。 仕事してても意外と使う…! (ワインリスト作る時とか、既存のリスト見てても「あれ、これなんだっけ」って機会が意外と多い) シャトー訪問時でも、生産者の方々は当然のように使ってくる…!! これは、定期的に確認しておいて損はなし。 ということで、まとめておきたいと思います。 On y Va ! ボトル名称(ブルゴーニュ […]